ストロングハート・プラスはどんな予防薬?

「ストロングハート・プラスはどんな予防薬?」のイメージ画像

では、愛犬をフィラリア症から守ってくれるストロングハート・プラスとはどのような予防薬なのでしょうか。
日本国内にある動物病院ではなかなか見かけない名前なので、どんなフィラリア予防薬なのかわからないという方も多いことでしょう。

ストロングハート・プラスは、海外で製造、販売されているフィラリア予防薬です。
有効成分としてイベルメクチンとピランテルが配合されており、フィラリア症と回虫や鉤虫といった内部寄生虫に高い予防効果を発揮します。
薬のタイプはチュアブルタイプで、おやつのような感覚で投与できるように作られているため、多くの犬へ簡単に投与することができます。
月に1回、1錠を同じ日付に投与するのを続けるだけでフィラリア症と内部寄生虫の脅威から愛犬を守り、健康を維持します。

配合されている有効成分のうち、イベルメクチンには主にフィラリアの幼虫に対して作用します。
フィラリアの幼虫の神経や筋細胞に作用し、正常な働きができないように麻痺させて死滅させる効果があります。
蚊から媒介されたフィラリアの幼虫が皮下組織や筋肉組織中に潜んでいる間にまとめて駆除し、心臓に移行して成虫になるのを防ぎ、フィラリア症を予防します。
また、ピランテルは回虫や鉤虫に効果的で、これらの寄生虫の筋肉を痙攣させる働きがあります。
これによって消化管の壁に張り付けないようにし、体外へ排出して駆除します。