そもそもフィラリア予防薬は本当に必要?

「そもそもフィラリア予防薬は本当に必要?」のイメージ画像

そもそも、愛犬のフィラリア予防は本当に必要なのか?と疑問に思っている方も飼い主の方々の中にはいらっしゃると思います。
最近では、インターネットを中心にフィラリア予防は必要ない、フィラリア予防薬は使わなくても予防できる等の情報が増えてきています。
フィラリア症には治療薬があるから、かかってしまっても治療できるという意見もあるので、そのように考えている方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、インターネット上にあるこれらの情報は全て誤った情報です。

冒頭でも軽く触れていますが、現在の日本でもフィラリア症は変わらず存在しています。
身の回りでフィラリア症に感染した犬の話を聞かないから、フィラリア症は根絶されているというわけではありません。
また、フィラリア予防薬を使わない予防方法は蚊を愛犬から遠ざける「忌避法」と呼ばれるもので予防とは異なるものです。
肝心の効果も弱いものであることが多く、愛犬をフィラリア症から完全に守るのは難しい面があります。

また、フィラリア症の治療薬は確かに存在しますが、効果が非常に強いものです。
仮に治療に成功しても、心臓が受けたダメージは元に戻らないため、何らかの後遺症が残ってしまうおそれがあります。
愛犬と長く一緒に暮らしていくためにも、ストロングハート・プラスをはじめとした予防薬を使い、しっかりと予防するのが一番です。